移動平均線]の記事一覧
 ゴールデンクロス
1-01

チャート分析で最も基本、ポピュラーなかたちです。 2本の移動平均線のうち、短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から突き抜けるかたちになっています。 ただし、長期の移動平均線が上昇傾向になっていることが必要です。 この2 »»»


 デッドクロス
1-02

ゴールデンクロスとは逆に、下降トレンドにある時に発生するサインです。売りのサインです。 デットクロスは、短期移動平均線が長期移動平均線を上から突き抜けることに加え、長期の移動平均線が右下がり(下降傾向)になっているポイン »»»


 移動平均線への接近
1-03

グランビルの法則にもあるパターンです。 移動平均線が上向きで上昇トレンドにある時、一時的に下落するものの移動平均に近付く直前に上昇に転じるパターンです。 なお、このパターンは下降トレンド中の上昇で、下から移動平均にタッチ »»»


 移動平均線からの乖離
1-05

上昇トレンド中に移動平均線から大きく乖離するような買い優勢が発生すると、多くの投資家が買われすぎと判断するようになります。また、相場も自律的に下げに転じるようになります。 そんな下げのサインが、株価が移動平均線から大きく »»»


 移動平均線下抜け
1-04

上昇トレンド中は移動平均線があたかも株価の下値を支える下値支持線となっています。 一般的にそのような場合には、下値支持線(この場合は移動平均線)を下抜くようなことがあると、上昇基調が下降に転換したと考えられます。 ただし »»»


 保合い圏での出来高急増
1-11

一般的に保合い(株価が横ばいな状態)は、その銘柄の取引量が極端に少ない場合などをのぞき、一時的なものといわれています。 株価は需要と供給のバランスで決定されるので、そのうち保合いを抜け、株価は上昇、または下降へと向かって »»»


 下降中の出来高急増
1-12

出来高の急増は、基本的には上昇のサインといわれます。出来高は相場のエネルギーだからです。 ただし、あくまでも指標の1つであると考えることが重要です。 この場合の下落傾向後の出来高急増も「投げ売り」に理由がある場合があるか »»»


1 / 11